お館様
お館様

織田信長の贈り物

ここでは織田信長の歴史をすごろくの様に追ってみようと思います。年表の方は割と細かいので、全体像が分かりにくいかと思い、こちらではメジャーである出来事を中心に盛りこんでみます。かなり色々な出来事を省いているんですが、なんとなく流れがわかっていただけると嬉しいです。

茶器

茶器について、新しくこちらのページに載せました。詳しくはこちらをご覧下さい。


マント

マント
これは信長が、上杉謙信に贈ったものでマントである。 贈られた謙信は、かなり喜んだらしい。そして、どうやら着ていた形跡があるとのこと。その姿を想像するとけっこう面白い。
とにかく信長は西洋文化にとてもご熱心だった。だから、宣教師を保護したり、彼らから 西洋文化の話を聞いたりしていた。ここでひとつ有名な話がある。宣教師と会見しているときのこと、宣教師が地球儀を信長に見せ、地球が丸いと説いた。そしたら、信長は「道理に合っている。」と言って 即座に理解したという。
この時代にこのことを理解できたのは信長くらいじゃなかろうか。


草鞋

草鞋
これは、戦のとき勲功を挙げた足軽にあげたもの。 そのいきさつは、『足軽が信長のところに帰ってきた際、その足軽が裸足だったので、手柄を誉めると同時に、腰に付けていた草鞋をあげた』というもの。しかしこの当時、腰に草鞋を付けている大将などめったにいない。このエピソードは、いかにも信長らしい。




お寧への手紙

手紙
そして、次の品がこれ。けっこー有名なんで知っている人が多いと思うけど、お寧と秀吉が喧嘩して、それを仲裁しようと ”お寧”にあげた手紙。 内容は、秀吉の悪口と、お寧に対して妻のあり方を説いており、なかなか、丁寧に書いている。
当時部下の妻にこんなに気を使う主人はいたのだろうか。この手紙は信長のやさしい一面を伺える逸品である。




細川忠興への感状

手紙
この書状はなんと、織田信長の自筆と認められているものである。
天正5年、松永久秀討伐の際、14歳ながら戦功を立てた与一郎(後の細川忠興)にあてたもので、祐筆ではなく自筆で書くというあたり、忠興の活躍に相当感動したようである。






ページの先頭へ戻る